ストループ効果

ストループ効果とは、異なる情報を同時に受け取った場合、その情報を処理するまでに時間がかかることを指します。例えば、赤い文字色で「緑色」という文字を目の前にして「その文字は何色?」と問われると、一瞬だけ赤色なのか緑色なのか判断に迷ってしまいます。このような人の特性を踏まえて、プロモーションの上でどうしても強調したい部分がある場合などに、ストループ効果を使って視線を留めるようなデザインにするという手法を考えられます。