ダブルバインド効果

ダブルバインド効果とは、どちらを選択しても最終的には示し手が意図した行動になるように、相手に選択の自由を与えない心理効果のことをいいます。例えば「カレーかラーメンを食べに行きましょう」という質問をすれば、食事に行くことが前提になります。この場合、実際にはイエスの選択肢しかないが、相手に選択肢を残すことでどちらかいいかに選択の思考をすりかえることができます。