パッケージング

パッケージングとは、商品を保護する目的だけでなく「顧客の興味関心を掻き立たせることを目的とした包装をデザインすること」を指します。商品のパッケージはどのような価値を消費者にもたらすことができるのか、購入後の消費時点での価値は何か、などの視点でデザインされます。製品(Product)、価格(Price)、流通(Place)、プロモーション(Promotion)というマーケティングの4Pに続く5つめのPであると提唱されるほど、マーケティングにおいて重要な変数として扱われ始めています。これが近年重要視されているのは、商品のコモディティ化やセルフサービスの浸透などにより、パッケージングの重要性が認識されたためです。サービスとして付加価値を生むことが難しくなっている現代では、パッケージで優位性を図ることが有効な戦略のひとつとなっています。