不足感

ゲーミフィケーションにおける不足感とは、アイテム等を集めたいというモチベーションを高めるための仕組みのことを指します。
アイテムやバッジなど特定の種別や枠の中で集める数や対象が決まっており、その中で自分がどれだけ集めたかを可視化出来る事で不足感は刺激されます。

例えば、図鑑機能にてまだ入手していない対象が明示される仕組みなどが当てはまります。
ジグソーパズルにおける、欠けたピースなども分かりやすい不足感と言えます。
不足感は、可視化することで非常に分かりやすく不足を埋めたいというモチベーションを高める事ができるのです。