文脈効果

文脈効果とは、隣り合う情報の意味がお互いに影響しあうことによって生まれる解釈が生まれを指します。
例えば、洋服を販売することを考えます。
女性向け商品はピンクやオレンジなど暖色を基調とした柔らかく女性的な配色の展示ブースをセットするのに対し、男性向けの場合は黒やグレーなど寒色をイメージする配色にすることで、ブース内に置かれている商品のイメージは女性向けもしくは男性向けとしてカテゴライズされます。このように、文脈効果を利用して周囲の情報による演出を変えることで、中身に対して持つ印象が変わります。