G2 Studiosが航空業界初の体験型WebAR、エバー航空のセールスプロモーションツール「EVA AIR AR Sky Journey」を制作

  • 2023年11月10日
  • 2023年11月10日

G2 Studios株式会社

G2 Studios株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:桜井 敦)は、エバー航空(本社:台湾 桃園市、社長:孫 嘉明)が、2023年11月1日より提供を開始する「EVA AIR AR Sky Journey」のWebARコンテンツを制作したことをお知らせいたします。こちらは、Niantic, Inc. が提供するWebAR開発プラットフォーム「8th Wall」を活用し制作、提供に至りました。

 「EVA AIR AR Sky Journey」とは 

G2 Studiosが制作した「EVA AIR AR Sky Journey」は、エバー航空が導入を進める機種「ボーイング787-10型機」の機内をAR体験できるWebARコンテンツです。

ユーザーはARの機内を自由に行き来することで、快適でラグジュアリーな空間を地上にいながら体験し、空の旅を楽しむことができます。また、AR機内の窓をタップすると、エバー航空が運行するロサンゼルスやパリ、東京などの主要観光都市の風景が一望でき、そのままタップひとつでチケット購入も可能です。

ARの機内に隠れているエバー航空の客室乗務員ベア「EVA Bear」を6体すべて見つけると解除される「AR撮影モード」では、「EVA Bear」フォトフレームに写真を映して楽しんだり、インカメラでの撮影時には被写体の肩に「EVA Bear」が乗ったりと、遊び心をくすぐる様々な仕掛けを提供します。

「EVA AIR AR Sky Journey」は、航空業界初の体験型WebARを活用したセールスプロモーションツールです。国際的な品質評価組織のSKYTRAX社から「5つ星エアライン」と評価される数少ない航空会社であるエバー航空のチャレンジを支え、多くの方々にエバー航空の良質なサービスを体験していただければと思っております。

●「EVA AIR AR Sky Journey」概要
提供開始日:2023年11月1日〜
提供内容:AR機内体験、AR撮影、ミニゲーム
URL:https://g2studiosinc.8thwall.app/evaair-ar/

 G2 StudiosのWebAR開発について 

G2 Studiosは、スマートフォン向けゲームアプリの企画・開発・運営を通じて、会社のミッションである「アソビ創造集団。」の達成に向け、事業を推進してきました。2022年4月に組織化された「xRディビジョン」では、ゲーミフィケーションを基軸にしたARコンテンツの制作によって、様々な商品やサービスの販売促進を支援しております。

手元になくとも商品のビジュアルを確認できたり、ユーザー体験を提供できたりという特徴を持つxR技術は、販売促進の新たな手法として注目を浴びています。

コンセプトムービー: https://www.youtube.com/watch?v=fVq9Jdc2djs

2023年8月にはNiantic, Inc. と提携し、WebAR開発プラットフォーム「8th Wall」を活用したARコンテンツを提供できるようになりました。この提携により、特定のアプリをダウンロードすることなく、あらゆるデバイスでARコンテンツを体験できるようになり、WebARの世界がより身近に楽しめる環境を整えることができました。

ゲーム事業で培った遊び心を内包したxRコンテンツを提供することで、今後もよりインタラクティブな仕掛けを提案していきます。

 G2 Studiosについて 

会社名: G2 Studios株式会社(ジーツースタジオ)
本社住所:東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア39階(WeWork内)
資本金:100,000,000円(ギークス株式会社 100%出資)
代表取締役社長:桜井 敦
事業内容:スマートフォン向けゲームアプリの企画・開発・運営、xRコンテンツの制作
Webサイト:https://g2-studios.net/

引用元:PRTimes
G2 Studiosが航空業界初の体験型WebAR、エバー航空のセールスプロモーションツール「EVA AIR AR Sky Journey」を制作https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000128456.html

プレスリリースの最新記事8件