環境貢献型 生成AI「capture.x」、スマホアプリ版をリリース。脱炭素の進捗を地図をグリーンにしていくことで表現

  • 2024年1月12日
  • 2024年1月12日

株式会社bajji

株式会社bajji(本社:東京都台東区、代表取締役:小林慎和)が提供する、環境貢献型NFT 「capture.x 」(キャプチャーエックス)は、2024年1月9日、スマホアプリ版(iOS, Android)として、v2.0をリリースしました。v2.0では、新たに環境貢献型 生成AIを導入し、脱炭素の進捗を地図をグリーンにすることで可視化したゲーミフィケーションを追加しています。

 プロダクトストーリー 

環境意識の高まりの中で、消費者は購買活動においてエコな選択をしようとする傾向が強まっています。しかし、どの企業のどの情報を見れば「エコな選択ができた」と言えるのか、消費者にとっては難しい状況です。
一方、企業は環境への取り組みやそれに関する情報開示を積極的に進めていますが、その情報のほとんどは届いていません。

capture.xでは、シンプルに、再生エネルギー発電量など、企業の環境貢献プロジェクトの「実際のCO2削減データ」をリアルタイムで開示します。消費者はこのデータを毎日見ることで自然と環境意識が高まり、また購買行動の際に企業の取り組みについて思い出してもらうことを狙っています。当社実施アンケート調査では、CO2削減量を日々見ることで環境意識が高まった人は80%を超えています(2023年12月実施、N=138)。

また、企業側にも「消費者に見られた回数」をレポートしており、さらなる環境への取り組みのモチベーションになることを目指しています。

環境貢献型NFTによって日々のCO2削減量を可視化

写真は株式会社JERAが運営する茨城県小美玉市で稼働中の太陽光発電所の事例

 アプリの特徴 

capture.xでは、環境に関する話題を楽しいものにするため、ゲーミフィケーション要素とトレンド技術を採用することを重視しています。

まず、企業の環境貢献プロジェクトをNFTカードに紐付けます。カードホルダーはそのプロジェクトのページを毎日訪れて、稼働(CO2削減量)をチェックする役割を課せられます。チェックすると、その報酬としてポイントがもらえます。ポイントは楽天ポイントなどへの交換が可能です。

次に、確認したCO2削減量に応じて、バーチャルな地球を緑色にしていくミニゲーム「HOSHIをグリーンに」して遊ぶことができます。ここでは、約100億個のマスに分割したバーチャルな地球「HOSHI」を、全ユーザーで協力して緑色に変えていきます。1マスをグリーンにできたら、その土地にちなんだ生成AIアートを1つゲットできます。アートを集めると様々な特典を得ることが可能になります。

地球にちなんだHOSHIをユーザーみんなでグリーンにしていくことで、脱炭素社会に向けた進捗度を楽しく可視化することを目指しました。

2024年のv2.0では、日本を中心とする約5億マスをターゲットとし、1マスあたりのCO2削減量の目標を100kgとしています。つまり、合計500億kgのCO2削減をこのHOSHIで表現しています。これは日本の削減量5%程度に相当します。capture.xの全ユーザーで楽しみながらHOSHIをグリーンにしていくことで、日本と世界のCO2削減に貢献していければと考え、このようなゲーミフィケーションを設計しました(特願2023-156376号、特願2023-156418号)。

環境貢献型 生成AIとは?
HOSHIのマスを選ぶと、その場所の緯度・経度を自動取得し、そこから住所を自動生成し、その住所近辺の主なランドマークをAIによって取得。弊社独自の画像プロンプト455種類からランダムに描画手法を選択し、住所およびランドマーク情報と組み合わせることで生成AIプロンプトを作り上げ描画しています。生成AIによってその場所にちなんだアートが生成されるたびに、HOSHIがグリーンになっていくことを確認できること、アートが生成されるたびCO2削減のために寄付を行うことから、環境貢献型 生成AIと謳っています(特願2023-156376号、特願2023-156418号)。

環境貢献型 生成AI例
大阪梅田駅周辺(左)、霞ヶ関周辺(右)

WEB版:https://capturex.world/
iOS:https://apps.apple.com/jp/app/capture-x-%E7%94%9F%E6%88%90ai-%E7%92%B0%E5%A2%83%E8%B2%A2%E7%8C%AE%E5%9E%8B-nft/id1636819993
Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=world.capturex.prd

 CES出展中! 

このたび、アメリカ・ラスベガスにて開催される世界最⼤規模のテクノロジー⾒本市「CES 2024」の Japan (J-Startup) パビリオンにて出展しています。
説明員が直接ご紹介します。お気軽にお立ち寄りください。

■ Japan (J-Startup) パビリオン出展概要
会期:2024年1月9日(火)~1月12日(金)  
場所:米国・ラスベガス  
出展エリア:Venetian 1F Eureka Park  
出展企業数:30社  
出展社リスト:https://www5.jetro.go.jp/newsletter/ivd/2023/CES2024companylist.pdf

 株式会社bajjiについて 

当社は、「テクノロジーの力で世の中を1mmでも良くする」というパーパスのもと、事業を推進しております。ブロックチェーンを活用したサービス開発に強みを持ち、これまでに信頼スコアSNSのbajji、SDGs進捗見える化メディアのmySDG、不安な気持ちを共有しあうFeelyou、そして脱炭素社会を自分ごとに変えるアプリcapture.xを展開してきています。

主な実績として、Google Play ベストオブ 2020「隠れた名作部門」大賞を受賞、超DXサミット最優秀賞の日経賞を受賞、グッドデザイン賞2022受賞などがあります。2022年12月には日経クロストレンド「未来の市場をつくる100社【2023年版】」に選出されました。

設立:2019年4月
代表:代表取締役 小林 慎和
所在地:東京都台東区柳橋2丁目1番11号 Barq SHINSO BLDG 403
URL:https://corp.bajji.life/
お問い合わせ:info@bajji.life

引用元:PRTimes

環境貢献型 生成AI「capture.x」、スマホアプリ版をリリース。脱炭素の進捗を地図をグリーンにしていくことで表現

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000088.000044789.html

プレスリリースの最新記事8件