官学連携で多摩区がゼロから企画した”まち歩き謎解きゲーム” 開催わずか2週間で参加者数832人を突破!

川崎市多摩区では、2020年10月15日(木)~11月23日(月・祝)の間、周遊型謎解きゲーム ピクニックタウン多摩区×まち歩き謎解きゲーム『S H I G E N A R I  ー多きを解き明かし摩天楼へー』を開催中です。この度、 11月1日時点で参加者数が832人を突破いたしました。

イベントは、川崎市多摩区に「枡形城」を築城したと言われる、源頼朝の重臣「稲毛三郎重成」を題材にした、無料で楽しめる周遊型謎解きゲームとなっており、「ピクニックタウン多摩区」の様々なスポットをゲーム感覚で巡り、あまり知られていない多摩区の歴史や魅力を体験してもらうことを目的としています。


11月1日時点、開催わずか2週間で、参加者数832人、全問クリア512人(※)を達成しました。メインターゲットである中学生・高校生、親子だけでなく、謎解き好きな大人が参加するなど、幅広い世代の方々に楽しんでいただいております。
謎解きの考案を、明治大学クイズサークル「イージオス」と協力したことで、「思っていたよりも謎が難しく、謎解きしがいがあり、楽しかった」といった声が多く寄せられ、満足感があり、大人でも十分に楽しめる謎解きゲームとして好評いただいています。
その他にも「多摩区の自然豊かな町が知ることができた」「多摩区になかなか行く機会がなかったので面白かった」など区外の方々に多摩区の魅力を体験してもらうだけでなく、「自分の住む多摩区の魅力にさらに気づかされた」「普段何気なく歩いている街並みでも新しい発見がたくさんあった」「地元愛が強まった」など区内在住の方々の、多摩区の魅力”再発見”にも繋がっています。

11月23日(月・祝)までの開催し、残すところあと18日。参加者の感想や要望を踏まえ、一部クイズのマイナーチェンジも実施いたしました。より多くの方々に謎解きゲームを楽しみながら多摩区の良さを知っていただきたいと思います。是非たくさんのご参加お待ちしております。
※参加者数:スタート地点「川崎市緑化センター」でQRコードを読み取った人数を換算
 全問クリア人数:全問クリア後、プレゼント応募ページへの遷移数を換算

【実施概要】


名称    ピクニックタウン多摩区×まち歩き謎解きゲーム
     『S H I G E N A R I  ー多きを解き明かし摩天楼へー』
開催期間  2020年10月15日(木)~11月23日(月・祝) 
                 10:00~16:00
開催場所  川崎市多摩区広域〈スタート地点〉川崎市緑化センター
     (川崎市多摩区宿河原6丁目14番1号)
参加費   無料(特設サイトからどなたでもご参加いただけます)
主催    川崎市多摩区
協力    明治大学クイズサークル「イージオス」
      多摩区観光協会、多摩区内約30箇所の施設・店舗
URL    http://tamaku-nazo.net/
参考    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000060403.html
  • 参加者数832人 全問クリア512人を達成! (※11月1日(日)時点)
11月1日(日)時点で、832人の方に参加いただき、その中で全問クリアした方は512人を突破しました。
(※)10代~20代の若い世代や、ファミリーだけでなく、大人のみで参加される方も多くいます。

アンケートでは「謎解きの難易度が程よく面白い」といった声が多く寄せられ、親子で参加された方の中には、父親の方が夢中になって謎解きしている様子も見られました。また、横浜市や、東京都、千葉県など多摩区外在住の方からは、「自然豊かな多摩区の魅力を知ることができた」といった声や、区内在住の方からも「これまで足を運んだことのないスポットに行くことができ、多摩区の良さを再発見できた」といった声も寄せられています。


その他、周遊を受けて「良い運動になった」「ダイエットになった」などといった声や、家族で参加された方からは「子供と一緒に考えながら街歩きできて、楽しいひとときを家族と過ごせた」「ゴールが予想以上に予測できず不安になりながらも家族でゴールでき満足」といった声をいただきました。外出自粛による運動不足解消のためにも、また、家族の思い出づくりにもおすすめのイベントとなっております。


※参加者数:スタート地点「川崎市緑化センター」でQRコードを読み取った人数を換算
全問クリア人数:全問クリア後、プレゼント応募ページへの遷移数を換算


 
  • 謎解き考案者「イージオス」もゲームに参加!
本イベントの謎解き考案に協力いただいた、明治大学クイズサークル「イージオス」の部員の方々に、実際にゲームに参加してもらいました。自分たちの考案した謎解きが、実際にゲームになった感想を伺いました。

 


自分たちの考案した謎が、実際に、街にQRコードとして設置されているのを見るのは初めてだったので、とても緊張しました。制作の際、机上で謎解きをしていたのとは違い、街歩きをしながら謎を解き進めていくことで、ワクワク感や最後の謎を解けた際の達成感を一段と実感することができました。それぞれのスポット同士の距離が思ったより近かったので手軽に楽しむことができました。また、周遊を通して、普段何気なく通っている街の雰囲気を改めて感じとることができて良かったです。
私たちが考案した謎は少し難易度が高いですが、各スポットには難易度の易しい謎も用意してあるので、子供から大人まで多くの方に参加してほしいです。
 
  • SHIGENARI効果絶大!?SHIGENARIで街全体を活性化中!―謎解きゲームを通した各スポットのコメントー
三吉野


これまで年配のお客さまが多かったのが、今回の謎解きゲームをきっかけに、若い方や家族連れのお客さまが多く来店されるようになりました。皆さん大変楽しそうにゲームに参加されており、子供たちに「頑張ってね」など声をかけると笑顔で返してくれて、ちょっとした交流が持てることが嬉しいです。まだまだ謎解きゲーム開催中とのことなので、多摩区内・外問わず多くの方に参加いただき、多摩区の魅力を知ってもらいたいです。


Caféルグラン


謎解きゲーム開催を通して、常連のお客さま以外に、新規のお客さまがとても増えましたね。当店は、学生や地域会などの歓送迎会によく利用いただいていましたが、コロナの影響でそういった宴会がなくなり、売上が約8割減少しました。最近は、徐々に回復してきましたが、まだまだ苦しい状況です。なので、今回の謎解きゲームを企画いただいたことに大変感謝しています。これをきっかけに、多くの方に利用いただけるようになれば嬉しいです。また、この謎解きゲームを通して、多摩区のより一層の活性化を願っています。そのためには、私たち飲食店も負けずに一緒に多摩区を盛り上げていきたいです。

川崎市緑化センター


スタート地点ということもあり、毎日多くの方が参加されている様子がわかり、イベントの盛り上がりを実感しています。これまで地域の方以外には、あまり馴染みのない場所であったため、今回の謎解きゲームを通して、スポット紹介いただけて嬉しいです。本施設のように、多摩区には知られていないスポットがたくさんありますので、今後もこのような地域が連携した取り組みで、多摩区が活性化できればと思います。
 
  • 参考情報
2020年11月14日(土)、15日(日)10時~12時に、謎解きゲームのスポットの一つである「登戸駅」のJR・小田急連絡通路にて、「 JR東日本×小田急電鉄 in登戸駅 W登戸駅わくわくDAY」を開催します。当日は、南武線モックアップと、特急ロマンスカーバックボードが設置され、JR東日本と小田急の電車と一緒に写真を撮ることができます。
是非謎解きゲームと合わせてお立ち寄りください。

特急ロマンスカーバックボード特急ロマンスカーバックボード

南武線モックアップ南武線モックアップ

【開催概要】
名称: 「 JR東日本×小田急電鉄 in登戸駅 
     W登戸駅わくわくDAY」
開催日時:2020年11月14日(土)、15日(日)
              10時~12時
場所:登戸駅のJR・小田急連絡通路

 

※イベント及び掲載内容は予告なく中止、
    内容を変更させていただく場合がございます。

 

 

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

プレスリリースの最新記事8件