株式会社360Channel、閉園した「としまえん」など練馬区域をバーチャル体験できる「ねり丸ランド」のVRシステムを企画・開発・提供

【VR 空間の様子】※実際のものとは異なる場合があります 

 

 

VR 視聴画面を開いたのち、PC の方は画面をドラッグ、スマートフォンやタブレットの方は画面をスワイプす ることで、空間を見渡すことが可能です。また、床面にある足跡マークのついたボタンを押すことで空間をウ ォークスルーでき、実際にその空間を歩いているような擬似体験が可能です。
 

 

 

 

また、エンタメゾーンには、練馬区公式アニメキャラクターである”ねり丸”が「としまえん」をガイドしてくれるコースもあります。VRを体験する前に、自分で空間を歩き回るか、ねり丸のガイド付きVRツアーを体験するかを選ぶことができます。



各アトラクションにたどり着くと、それぞれVR体験できるアトラクションにはインフォメーションアイコンがついており、それに触れるとアトラクションの説明を見ることができます。また、「これに乗る」ボタンを押すことで、アトラクションの360度VR映像を体験することができます。


《例》アトラクションの360度VR体験:コークスクリュー


《例》アトラクションの360度VR体験:ハイドロポリス(一部)


画面下部にある、「地図をみる」のアイコンを押下することで、会場全体の地図をみることができます。行きたい箇所を押下することで、その場所に移動することが可能です。また、右側にあるシークバーをスクロールし、行きたい場所を選択することで、同様に、その場所に画面遷移することができます。


【WEBページの様子】※実際のものとは異なる場合があります。
ねりま観光センターのHPから「ねり丸ランド」のバナーリンクをクリックすると、「ねり丸ランド」のWEBページに遷移することができます。練馬区にある様々な魅力をVRで体験できるサイトになっており、今後も様々な分野のVRコンテンツを拡充していく予定です。


本撮影においては、練馬区にゆかりのある農園、撮影所(通常非公開)、そして閉園直前の「としまえん」に実際に赴き撮影を行いました。農園での収穫の様子や撮影所(通常非公開)の雰囲気、「としまえん」の園内のアトラクションおよび園内の通路をVRカメラで撮影しました。特にVR体験映像となる、野菜収穫時の目線でのVR映像や「としまえん」のアトラクションのVR映像においては、実際の人の目線を意識したカメラ位置を計算し撮影を行いました。惜しまれながら閉園することになった「としまえん」をはじめとして、歴史的施設をレガシーとして後世に残すことにVRが活用される好例となりました。今後もVRを活用したPR活動、レガシーの創出等に貢献します。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

プレスリリースの最新記事8件