特許調査へのAI導入、知財業務のDX化を検討されている方々に向けて、AI Samuraiの活用事例やホワイトペーパーなどの情報公開ページを開設しました。

 


■資料公開ページ『はじめてのAI Samurai』概要

資料公開ページ『はじめてのAI Samurai』は、これまで『AI Samurai®』の利用者に提供していた情報を広く公開する特設ページです。製品の利用ガイドや運用サポート資料だけでなく、開発や販売の過程で明らかになった知財業界の課題や知見を公開します。


■公開の背景
現在、あらゆる業種・業界でDX化・AI活用の波が訪れ、知的財産の業界でも特許調査や商標登録にAIを利用したさまざまなサービスが生まれています。しかし、サービスを利用するなかで生まれた副次的な応用方法や新たな課題など、実践を通じて明らかになった専門知識が集約されている場所がないのも事実です。このため、知財業務に当たる現場担当者がAIによるサービスの導入を検討していても、効率的に全体像を把握することが難しく、導入の妨げとなっている現状があります。
そこで、AI特許類似文献評価システム『AI Samurai®』の開発・提供を通じてDX化・AI活用に対する業界の動きや情報に日々触れている弊社が、事業を進める過程で明らかになった課題や知見を公開し、それらの情報を一箇所に集約することによって、知財担当者がAI導入を検討する際の一助となることを目的としています。また、知財業務のAI活用を促すことによって、知財業界のさらなる活性化を目指します。

■利用方法
各種資料をダウンロード、または動画視聴リンクを開いてご確認ください。

 

■公開中のコンテンツ

1. AI Samurai 概要資料・運用サポート資料
2. 過去のセミナー動画
3. 利用者の先生方からのお声(マスターズスペシャル対談動画)​

 

■活用事例やホワイトペーパーを公開

今後はAI導入を検討する知財担当者の方々に向けて、『AI Samurai®』の活用事例や知財業務にまつわるホワイトペーパーを順次公開予定です。続報をお待ちください。

 

■(株)AI Samuraiについて
大阪大学発のベンチャー企業である(株)AI Samuraiは人工知能を活用したAI特許類似文献評価システム『AI Samurai®』の開発・販売しています。『AI Samurai®』は特許庁が公開する特許公開公報と特許公報をデータベース化し、類似する先行技術の事例から出願予定の特許の登録が成立する可能性をランク別に評価するAI特許調査システムです。従来、数週間を要していた先行技術調査が数分で可能になる斬新なプロダクトとして2019年3月に第4回「JEITAベンチャー賞」(電子情報技術産業協会)を受賞しています。また初めて使用する方でもすぐに操作できる直感的なインターフェイス、AIを擬人化したキャラクターについて2019年のグッドデザイン賞(公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しています。
 

​特許庁『知財インテリジェンスサービス』において無料版を体験することができます。
特許庁『知財インテリジェンスサービス』
URL:  https://www.jpo.go.jp/support/general/ip-intelligence/intro-10.html
製品紹介:https://aisamurai.co.jp/landingpage/

 


【AI Samurai 取締役プロフィール】


AI Samurai ⽩坂 ⼀ 代表取締役社⻑ CEO
防衛⼤学校 理⼯学部 卒業。機械学習による画像処理の研究で横浜国⽴⼤学院 環境情報学府 修了。富⼠フイルム知的財産本部に8年間在籍。その後、特許業務法⼈⽩坂を設⽴、⽶ナスダック上場のビッグデータ解析企業の関連会社の社⻑を兼任。2015年に株式会社AI Samurai(旧ゴールドアイピー)を創業。特許業務法⼈⽩坂 創業者、弁理⼠、国家試験知的財産管理技能検定委員、経済産業省Healthcare Innovation Hubアドバイザー。北陸先端科学技術⼤学院⼤学 先端科学技術研究科 博⼠課程後期在学。

株式会社AI Samurai
代表取締役社⻑:⽩坂 ⼀
会社設⽴:2015年9⽉11⽇
所在地:東京都千代⽥区⼤⼿町1-6-1⼤⼿町ビル4階
資本⾦:4億9978万円(2020年8⽉31⽇現在)
事業内容:知的財産関連IT・分析サービスの提供
URL:https://aisamurai.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

プレスリリースの最新記事8件