簡単にWebARを作れる「palanAR」で作成したARコンテンツが「くまのがっこう」のグッデイジャッキーフェアに採用され全国のショップ店頭で利用いただけるようになりました

ノーコードで簡単にWebARが作成できるサービス「palanAR」で制作されたARコンテンツが大人気の絵本キャラクター「くまのがっこう」のグッデイジャッキーフェアの店舗POP向けのコンテンツとして採用いただき、全国のフェア開催店店頭で、かわいい「くまのがっこう」のARコンテンツとして展開されています。
POPに掲載されたQRコードをスマホで読み込むことで、アプリのダウンロードをせずに利用できるARコンテンツをお楽しみいただけます。
お客様ご自身のスマートフォンでお楽しみいただける非接触型のARコンテンツです。
(店頭でAR POPをお楽しみいただけるのは2021年5月31日までの予定です。)

「くまのがっこう」ARコンテンツご利用の流れ
  1. 店頭のPOPにあるQRコードをスマホで読み込みます(特別なアプリのダウンロードは不要です)
  2. ブラウザに表示された読み取り画面でPOPに印刷された「窓の画像」を読み取ります
  3. 画像を認識するとARコンテンツが表示されます

「くまのがっこう」とは?
2002年に第1作目となる絵本『くまのがっこう』を発売、シリーズ累計発行部数222万部を超える大人気絵本シリーズです。11ひきのやさしいおにいちゃんくまのこたちと、いたずらできかんぼうなくまの女の子・ジャッキーが繰り広げる、何でもないけれど温かい日々を描いています。阪急電鉄や、Pasco「スナックパン」のパッケージコラボなど、多くのコラボレーションを展開。
子どもから大人まで広く人気を集めており、世界中で愛されています。

「くまのがっこう」公式サイト
https://the-bears-school.com


■palanARは既に300以上の企業・アーティスト等にご利用いただいています
palanARを活用して各種イベントや商業施設等でご活用いただけるARコンテンツを簡単に制作することが可能です。無料でお試しいただけるフリープランもございますので是非お試しください。

サービスURL
https://palanar.com


■palanAR サービス概要
「palanAR(パラナル)」は誰でも簡単にWebARを作成できるオンラインツールです。AR名刺や商品プロモーションなど様々なシーンで使われるWebAR作成を無料(フリープラン)で試すことができ、商用利用可能なプランもご用意しています。操作が簡単なので、Web制作やAR作成の知識がなくても簡単に作ることが可能。
2019年のサービス開始以来既に200社以上にご利用いただいています。


■WebARについて
WebブラウザのみでARを実現する技術をWebARと呼び、現在企業のキャンペーンや販促などに広く用いられています。近年、WebARを利用したサービスを地方自治体、観光業界、エンターテインメント業界など、多くの企業より採用いただきサービス開発のパートナーとして制作・開発を行っています。
お問い合わせ増加の背景には、新型コロナウイルスの感染拡大を機に「非接触型」の新しい接客の形を模索し、顧客へより充実した体験を提供したいという想いをお持ちの企業の増加があります。

WebARの詳細はこちら
https://palan.co.jp/webar/
ニーズやご予算・納期に合わせた制作のご相談が可能ですので、お気軽にお問い合わせください。
https://palan.co.jp/contact/


【palanのWebARプロダクトのご紹介】
アプリ不要で楽しめるWebARカメラサービス「TOBIRA」
https://tobira.me

3Dデータを管理・編集・利用することができる3Dデータ支援ツール「palan 3D」
https://palan3d.com

WebARによるデジタルのスタンプラリーを簡単に作成「TOBIRALLY」
https://tobirally.com


■会社概要
会社名:株式会社palan
URL:https://palan.co.jp/
所在地:東京都渋谷区代々木1-58-16 清水ビル2F
代表取締役:齋藤 瑛史
設立:2016年11月1日
主な事業内容:ウェブサイト・ウェブシステムの企画・開発・実施・保守及びコンサルティング

【お問い合わせ】
株式会社palan
広報担当者:  嶋田
メール: contact@palan.co.jp
電話番号: 03-6555-4841
 
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

プレスリリースの最新記事8件