まち歩き謎解きゲーム『S H I G E N A R I2 』開催から2週間で参加者数400人突破!

川崎市多摩区が、昨年大好評を得た、まち歩き謎解きゲーム『S H I G E N A R I』をパワーアップさせ、ピクニックタウン多摩区×まち歩き謎解きゲーム『S H I G E N A R I2 ー多きを解き明かし摩天楼へー』を開催し、その第2弾として、2021年10月9日(土)~11月7日(日)の間、「ぶらり散策(まち歩き篇)」を開催。10月24日時点での参加者数が400人を突破した。

イベントは、多摩区の知られざる歴史や魅力を体験してもらうべく、川崎市多摩区にゆかりのある源頼朝の重臣「稲毛三郎重成」を題材に、多摩区の生田・長沢エリアをゲーム感覚で巡る、無料の周遊型謎解きゲーム。

明治大学のクイズサークル「イージオス」に謎解きの制作を依頼し、また、長沢商店会、長沢まちづくり協議会をはじめ地域の皆様とも連携し、スポットや賞品の提供などにご協力いただくなど、官学連携・地域連携で企画した。

10月24日時点で、参加者数が400人、全問クリア329人を突破し、多摩区や川崎市だけではなく、東京都や埼玉県などの都内近郊の人々も参加している。今年は謎解きのルートを「易しいコース」「難しいコース」の2つ用意したことで、難易度の高いクイズに挑戦する中高生や大人、小さなお子様連れのご家族まで、幅広い年代に楽しまれている。

また、ゴール後のアンケートでは、「これまで知らなかった公園や、お店などを知るきっかけになった」「地元のことがよく分かり、多摩区に対してとても愛着が湧いた」「普段は訪れない街に出向き、貴重な経験ができた」などの声が多数あり、区内外問わず多摩区の魅力発信に繋がっている。

・開催期間:11月7日(日)まで
・ゲームサイトURL:http://tamaku-nazo.net/
・開催場所:川崎市多摩区 生田・長沢エリア
・参加費:無料