物流セミナーレポート|DX、AIの発展が物流戦略にもたらす影響とは?物流戦略再構築セミナーを2021年2月9日(火)に無料・オンラインで開催しました/物流コンサルなら船井総研ロジ


◎第1講座 物流戦略再構築にあたって持つべき視点
 


管理可能なネットワークのあり方を詳しく紹介しました。路線便配送は利便性が非常に高いが、ほぼ管理不可といえます。

ポイントは物流コストの中でも最大の構成比を占める配送費を管理下に置くことです。
そのためには、幹線+面配送、拠点分散が必要になります。

貸切便での運行になるが、貸切便には調達コストが安定していること、
原価計算が可能で価格の妥当性判断ができることが路線便に対する優位性となります。

必ずしも安価であることありきではなく、
管理の観点からは計画値が算出できて、
日々の運用の中で実績値と計画値の乖離分析ができることが重要です。


第二講座 経済環境変化と働き方改革に備える物流戦略とは?
 


第二講座では、物流戦略再構築に、すぐ動ける取り組みを紹介しました。従来の物流戦略のままではロジスティクスの非効率を招き、企業の利益構造に大きな影響を及ぼすことは容易に想像がつきます。

コロナ禍における経済低迷が続く以上、事業を展開する企業は、感染対策に加え、物流戦略策定・ロジスティクス再構築に取り組む必要があると考えられます。


そのため、拠点設置・輸配送・倉庫設計・管理
&コントロールを軸にした物流戦略を今すぐ実行する必要があります。


■書籍『物流改革大全  改善を進めるための実践ノウハウ』
 



運賃値上げ、コロナ禍、DXなど…
船井総研ロジ株式会社の物流コンサルタントが培ってきた、
激変する環境下で生き残るために必要な
具体的方策すべてを集約した一冊です。

書籍の詳細・購入はこちら
≫ https://lp.f-logi.com/book/kaikaku-taizen/?utm_source=prtimes&utm_medium=ad
(書籍のキャンペーンページへジャンプします)


■DXロジ研究会のご案内
 



これからの物流現場・物流管理に必須となる物流DX。
本会は物流DXによる研究会会員各社のデジタル化推進と実行を目的とした研究会です。

最新の物流DX事例をもとに会員各社が自社のDX化を推進し、
ロジスティクス競争力の強化、ひいては業界全体のDX化の先方となることを目指す。

くわしく見る ≫ https://lp.f-logi.com/ninushi/society/dx-logi/?utm_source=prtimes&utm_medium=ad



■会社紹介

船井総研ロジについて

船井総研ロジ株式会社は物流・ロジスティクス領域において、戦略から戦術の策定、実行と実現までを一貫してサポートする“実行力、実効性”を持った総合物流コンサルティング企業です。500社を超える企業への支援実績、物流コスト削減成功率100%など、突き抜けた実績と経験をもとに、本質レベルでお客様の問題・課題を解決する実行型コンサルティングを行っています。お客様の声や支援を通じ、コンサルタントが「お客様にとって必要」と感じたものをサービスとして展開してきました。3PL、共同購買、物流セミナーなどのサービスはそんな想いから生まれました。今後もお客様に寄り添い、新たなサービスを生んでいきます。

会社概要

本社:〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル 22階(東京本社)
代表者:代表取締役 菅 重宏
設立:2000年5月10日
資本金:9,800万円
TEL:0120-659-456
MAIL:info@f-logi.com
WEB:https://www.f-logi.com/?utm_source=prtimes&utm_medium=ad
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

プレスリリースの最新記事8件