行動経済学

行動経済学とは、心理学と経済学を組み合わせて「現実的な経済活動について研究を行う」という学問です。
この学問が生まれた当時までの経済学は、人間は合理性に基づいて行動し、自己利益を追求する性質を持つという定義のもと成り立っていました。
個人主義者としての「経済人(ホモ・エコノミクス)」という人間像をつくり、それをペルソナに数々の研究、裏付けが行われてきたのです。
「人間は必ずしも合理的な行動をするわけではない。」という考えの行動経済学は、提唱された当初、主流派経済学とは異なる視点の研究として扱われていました。
しかし研究が進み、有用性が認められるようになった現在では、既に主流派経済学の一部として扱われるようになっています。